テキスト:フレーバー

全タイプの iKi フレーバーに緑茶が使われています。現在、iKi ビールには 2 種類の味があります。西洋にはない東洋独特の柑橘類であるゆず味と、古今東西で料理に使われているジンジャー味です。西洋と東洋の最高の風味を融合させることで、新しい世界を開拓する。それが私たちの狙いです。De Librije 社のようなパートナー企業と共に研究を重ね、緑茶の配合された iKi ビールに相応しいフレーバーを吟味した結果、この東洋と西洋のフレーバーが選ばれました。

IkibeeriKi ビール ゆず ( アルコール分 4.2% )

ゆずと緑茶を配合した iKi ビールは、爽快な味わいのライトビールです。クリアな旨味とすっきりとしたのどごし。そして、思わずもう一口味わいたくなるさっぱりとした後味。アペリティフにぴったりです。鶏肉料理や寿司、パスタやザワークラウトによく合います。他のフルーツにはない東洋独特の味わいを持ったゆず。その味わいが爽やかな香りと共に口いっぱいに広がることでしょう。iKi ほどユニークなビールが今までにあったでしょうか。iKi ビールは、2007年の国際食品見本市 (IFE) で、名誉あるイノベーションアワードを受賞しました。審査委員会の総合コメントは「見事なボディーと味わい」でした。


Ginger


iKi ビール ジンジャー ( アルコール分 5,5% )

ジンジャーは、濃厚で端麗な味わいが特徴的な琥珀色のビールです。静寂なる時の流れとともにじっくりと味わい、寛ぎのひと時をお楽しみください。ジンジャー独特のピリッとした風味が、端麗で爽快な味わいをもたらします。肉料理やフォアグラのようなこってりとした味によく合います。ところが、インドや中国では、ジンジャーがカレーや魚料理にも使われています。

両方の iKi ビールをさまざまなお料理と合わせてお楽しみいただき、体験談をシェアしてみてはいかがですか。お客様が思い思いのレシピをシェアできる、レシピのページをご覧ください。有名シェフのレシピを使ってお料理を楽しみませんか。思い思いの楽しみ方を iKi フェースブックに投稿してみませんか。

私たちに従ってください

再販業者になる

ユニークなメニューや新しいコンセプトをお探しですか?iKi ビールを、レストランやバー、そして寿司バーのメニューに加えてみてはいかがでしょうか。現在 iKi ビールの独占販売店を募集中です。
さらに詳しく見る